健康で明るいまちづくり 安心のネットワークを広げます。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

東京西部保健生活協同組合

お電話でのお問い合わせ 03-3381-0877(代表)

東京都杉並区和田2-22-2  

本文のエリアです。

トピックス

医療と介護の在り方を考える

 昨年6月に介護保険法と医療法の改悪を一本化した「地域医療・介護の総合確保推進法案」が強行採決されました。本来なら19本それぞれの法案ごとに審議すべきものを、早期成立をねらって一本化するものです。

 これまでの医療と介護の在り方が大きく変わることが予想されます。さらに、政府は2018年には医療介護報酬の同時改定を開始し、2025年に仕上げへと一気に進めようとしています。

 事業・組合員活動両面において、どのような影響があるのか、そして私たちに何ができるのか。医療福祉生協連副会長の藤谷恵三さんを講師にお招きし学びます。

 

【日時】   2015年2月25日(水)14:00~16:00

【場所】    東京土建杉並会館 杉並区高円寺南3-6-2

                       ☎03-3313-1445

【講師】    医療福祉生協連会 副会長 藤谷恵三氏

【お問い合わせ】東京西部保健生協 事務局 山本陽平

        〒166-0012 東京都杉並区和田2-22-2

        ☎03-3381-0877 FAX03-3381-1405

医療と介護の在り方を考える チラシPDF版

ページトップへ戻る