健康で明るいまちづくり 安心のネットワークを広げます。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

東京西部保健生活協同組合

お電話でのお問い合わせ 03-3381-0877(代表)

東京都杉並区和田2-22-2  

本文のエリアです。

G理念(ミッション・ビジョン)

「きずなプラン2」(2013年~2015年)の骨子(案)

2012年度1年間をかけて議論を進め、2013年総代会で確定します。組合員の皆様からのご意見をお持ちしています。
(1)スローガン
出会い、ふれあい、ささえあい 組合員のきずなが輝くわがまち・ふるさと
(2)ミッション(使命)

  1. 組合員のネットワークを強め、安心のまちづくりに貢献します
  2. 組合員の健康づくりをすすめます
  3. 子ども、高齢者、すべての人にやさしい診療所・介護事業所をつくります
  4. 困っている人に寄り添い、手助けします
  5. 社会保障の拡充・改善に努めます

(3)ビジョン(2015年にあるべき姿)

  1. 在宅医療の指導医・専門医が養成され、複数確保できています。また、看護師、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ヘルパー等のマンパワーを確保しています。そして、質の高い在宅医療サービス、介護サービスを安定的に提供できるようになっており、在宅分野の事業拡大をしています。
  2. ファミリーケアの診療所として地域住民から信頼されています。
  3. 職員は自由に意見・提案・苦情が発言でき、また、研究活動は旺盛であり、職場に学ぶ気風があふれています。処遇は公正であり、働く環境は清潔・安全・快適・効率的なものになっています。
  4. ガバナンスと内部統制のしくみが整備され、組合員の参加のもと、徹頭徹尾“協同組合”にこだわった機関運営と事業所運営がされています。
  5. 杉並区全域をカバーする支部活動(組合員活動)を展開しており、地域の他の団体(健友会友の会・購買生協・社保協加盟団体等)とともに安心のネットワークづくりに参加し、わが生協はこのまちになくてはならない存在になっています。
  6. 健全経営を実現しています。(財務の健全性を実現しています)
  7. 3つの診療所を含む各拠点の建物と設備、医療機器のリニューアルを完了しています。
  8. 地域購買生協との連帯・協同がすすみ、協同事業を立ち上げています。(認知症高齢者のためのグループホームか、ケア付き高齢者住宅建設のメドがたっています)
  9. 診療圏が近い都内医療福祉生協との法人合併を検討しています。

(4)事業所の医療と介護の質方針
○わたしたち東京西部保健生協の事業所は、「医療生協の患者の権利章典」と「医療生協の介護」を指針とし、ISO9001の規格の意図を業務に活かし、法令を遵守し、安心・安全で質の高い医療・介護サービスを提供します。そして、常に患者・利用者満足が向上するように努めます。そのために、質目標を設定し、定期的にふりかえりを行います。
(5)わたしたちが大事にする価値 
○自己決定、民主主義、平等、公正、連帯、正直、公開、社会的責任、他人への配慮

ページトップへ戻る